ネットビジネス

ブログ初心者へ「特化型VS雑多どちらが稼げる?どちらから始める?」

こんにちは、西野です。

「ブログを始めて早く稼ぎたい!」と思っても、どっちがイイか分からず、動けない初心者さんへ。

私も最初は、非常に悩み、時間だけが過ぎていきました。。そこで、あなたには私と同じ経験をしてほしくないので、スピーディーに行動できるようにアドバイスをさせていただきたいと思います。

なぜブログテーマを決めることが大切か?

理由は、2つです。

1つ目は、あなた自身、あなたのブログを世界中に知ってもらいやすくするためです。

2つ目は、セルフプロモーション、つまり「○○を知りたかったら、あなたのブログ!」という代名詞を作るためです。

このテーマを決めないと、読者は、「あなたが何屋さんなのか?」わかりません。だからこそ、ブログアクセスや読者のファンを増やすためには、大切になってきます。

どっちから始める?特化型ブログor雑多ブログ

あなたの目的によりますが、どちらでも構いません!!ブログを長く続けるコツは、楽しんでやることが大切ですからね(^^♪

ちなみに特化型ブログというのは、専門分野に特化したノウハウ系のブログです。

雑多ブログは趣味、日常のニュース、流行物など、何でも好きな情報を集めた日記のようなブログです。私のブログは、特化型になりますね。

あなたが副業や趣味でブログをしたいのであれば、どちらでも構いません。一方でビジネス目的であれば、特化型をお勧めします。

まずはブログに慣れる!という意味で、好きなことから書き始める、つまり早くスタートを切ることが大切です。

どっちが稼げる?特化型ブログVS雑多ブログ

答えはどっちでも稼げます!

初心者の頃は「どっちが稼げるかな??」と悩まれる方も多いです。やり始めたらわかりますが、どちらでもOKです。

雑多ブログは、今流行りの記事を書けば、アクセスはすぐに増えると思います。

しかし「一発屋芸人」という言葉があるように、あなたの記事も「一発屋記事」になり、長く読まれなくなります。

あくまでトレンドに乗っかったブログ記事だけの話ですが。。

しかし、アフィリエイトで稼ぎたいのであれば、雑多ブログで色んな商品記事を書くことからスタートする方が、ブログ初心者にはおススメです。

一方で特化型ブログは、一発屋ほどのインパクトはありませんが、長く読まれる記事になりやすいです。

長く読まれるということは、コツコツ稼げてチリツモ効果がでかいです。

だからどちらでもOKです。

継続しなければ効果は出ない!

大前提は、特化にしろ雑多にしろ、あなたのブログアクセス数が増えなければ意味がありません。アクセス数を増やす最大の秘訣は、継続することです!

稼ぎたいのであれば、特化でも雑多でも、継続することが重要です。だからこそ継続するためには、最初はあなたの好きなことからスタートをしてください。

そしてブログをいかに楽しんで継続できるかが、非常に大切になってきます。

早く稼ぎたいから、特化か雑多どっちにするか?という考え方ではなく、あなた自身が継続しやすいのはどっちか?を考えてみてください。

途中で特化から雑多、雑多から特化と路線変更するのは、あなたが自由に決めれます。

まずはスタートをして継続することを心がけてみてくださいね。最後までご覧いただき有難うございます(^^)

(Visited 45 times, 1 visits today)

あなたも最新情報を手に入れませんか?
Yes!の人は「いいね ! 」をクリック

関連記事

  1. ネットビジネス

    LINE@無料でリスト(友だち)獲得する4つの方法

    ▲近日、動画公開!▲どうも!西野栄祐です。「LIN…

  2. ネットビジネス

    ♯③お客の心を動かす「伝え方」を成功させるためのヒント

    思い出してください。 あなたは、現在のパートナー(夫・妻・…

  3. ネットビジネス

    ♯②成功する確率を大きく左右するターゲット設定の重要性

    質問です。 あなたが初めて訪れた街で「ラーメン(醤油)」を食べ…

  4. ネットビジネス

    ♯④有望客を集めるための広告メディア媒体の選び方

    現在、あなたが活用しているメディア媒体は何を使っていますか?…

  5. ネットビジネス

    7秒で「稼ぐランディングページ」をPDF保存する方法

    どうもー 西野栄祐です。突然ですが、衝撃です!…

  6. ネットビジネス

    初心者のためのLINE@登録方法・アカウント作成

    ▲今すぐ動画を見る▲ こんにちは、西野栄祐です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP