ネットビジネス

初心者が失敗しないメルマガの作り方5つのチェックリスト

こんにちは西野栄祐です

今日も見に来てくださり有難うございます。今回は、ネットビジネスの必須ツールであるメルマガのノウハウです😉

この記事を見に来られたあなたは、

✔「メルマガの開封率が低く、効果がない・・」
✔「そもそもメルマガの作り方、コツがわからない・・」
✔「メルマガを使って、見込み客へのフォローの仕方がわからない・・」

こんなことを感じて、日々悩んでいらっしゃるかもしれません。そうであれば、間違いなく、この記事は、あなたのお役に立つでしょう。

あなたも、見込み客と関係性を作るメルマガ5つのチェックリスト、を知りたくありませんか?

失敗しないメールマガジンの作り方をご紹介します😉

メルマガのコツ①魅力的な件名を作る


注目を集めるような件名を付けましょう。ポイントは、見込み客のニーズについて、彼らが使う言葉で書くことが大切です。

今の時代は、好奇心を煽るタイプのメール件名が効果的です。またスマホユーザーを意識して、件名は15字以内にしましょう。

【効果的な好奇心タイプのメール件名】
・ごめん、僕はもう仕事を辞める!
・貧乏人の失敗
・その判断は違法です
・心のスイッチ
・自己啓発は必要か?
・世にも奇妙な○○

メルマガのコツ②書き方すべてを統一


件名、本文、オファーなど、メールを送ときには、全ての内容を統一します。たとえば、件名と本文内容がズレており、最後のオファーまで関係のない商品を紹介してはいけません。

【ポイント】
1つのメルマガで、伝えたい内容は1つにしましょう。例えば「○○の5つの方法」と言って、本文に5つ書くことはあまり効果的ではありません。

なぜなら見込み客は、スマホを集中して見ていません。眺めながら理解できるように少ない情報を継続的に複数に分けて配信しましょう。

メルマガのコツ③継続的に配信する


見込み客と関係を構築したいなら、メルマガの配信しすぎということはありません。

あなたが価値のある情報を配信していて、相手が興味を示し、モチベーションが高い状況ではとくにそうです。

見込み客は全てのメルマガをチェックしているわけではありません。だから毎日メルマガを配信してOKです。1日2回でも構いません。

メルマガのコツ④複数の型を作る


メルマガは、様々なフォーマット、つまり型を作りましょう。

具体的には、

・一方的に情報提供する内容
・質疑応答の内容※見込み客に質問を投げかけ、フィードバックを得て、見込み客に共有すること。
・文章だけでなく、同じ内容を音声ファイルや動画にして送る。

一つの内容を、様々な形に変えて伝えたり、見込み客へ質疑応答をしてコミュニケーションを図るなど、多様化してください。

メルマガのコツ⑤複数のリンクを提示


メルマガ本文には、少なくとも2つ以上のリンクを記載してください。そして確実に商品へ誘導されるようにしてください。

一般的には、商品へと誘導するリンクの数が多いほど、クリック率が高いです。リンクは、冒頭に1つ、真ん中に1つ、文末に1つ入れましょう。

まとめ


Eメールに限らず、LINE含め、見込み客と関係性を強化することは大切です。ご紹介した5つを常に心がけ、見込み客とコミュニケーションをとってください。

最終的に一番大切なことは、中身より、継続できるか?という自分との闘いです🔥

是非一緒に頑張っていきましょう!

(Visited 55 times, 1 visits today)

あなたも最新情報を手に入れませんか?
Yes!の人は「いいね ! 」をクリック

関連記事

  1. ネットビジネス

    ♯⑥簡単に強力なキャッチコピーを作るヒント~顧客の声から作る~

    あなたはこの質問に答えられますか?過去の問合せ or 来店…

  2. ネットビジネス

    やりたいビジネスが市場参入の余地があるかを調べる方法

    いきなりですが質問です。「現在、提供している商品サービ…

  3. ネットビジネス

    7秒で「稼ぐランディングページ」をPDF保存する方法

    どうもー 西野栄祐です。突然ですが、衝撃です!…

  4. ネットビジネス

    江戸時代から伝わる商売の秘訣<ネットビジネス版>

    どうもこんにちは、西野栄祐です!もしあなたのSNS、ブ…

  5. ネットビジネス

    ネットビジネス初心者が”の失敗しないための心構え”とは?

    こんにちは、西野です。あなたがネットビジネスで稼いで成…

  6. ネットビジネス

    ネットビジネス起業・副業で「稼げる儲かる分野・市場」とは?

    こんにちは、西野です。今回は、「どの分野・市場で起業副…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP