弱者の成功法則

20代に脱サラ起業で失敗はない!悩む必要がない理由とは?

西野 栄祐です。

お忙しい中、いつも当ブログを見に来てくださるあなた!、また初めてのあなたも!、有難うございます。

今回は、リピーターが増えつつある「弱者の成功法則」シリーズです😄

あなたは、脱サラ起業を今すぐやるべき理由、を知りたいですか?

もし、あなたが20代30代のサラリーマンで、やりたいことがあるけど、脱サラするか悩んでいるなら、必見です。

あなたに一歩踏み出す勇気を与えることができたら、私は嬉しいです😉

脱サラの失敗不安を膨らます正体

その正体とは、周りの友達、上司、親族です。あなたは、周りからこのようなことを言われたことありませんか?

・「お前にはまだ早い」
・「もう少し実力をつけてからの方がイイ」
・「脱サラしてどーすんの?起業って難しいよ」

職場の同僚から、このようなセリフを言われている方は多いです。もちろん周りの意見は、あなたのことを気遣ってアドバイスをしていると思います😥

そしてあなた自身も、周りの発言によって、ますます不安になってくるはずです。その結果、悩み続けると思います。ここであなたは、逆の考え方をすることが大切です。

ではいつの時点で、あなたの実力が完成して、時期が熟すのでしょうか?おそらく1年、2年たっても同じことを上司から言われ続けます😥

今、決断しなかったら何が起きる?

あなたに「脱サラしてやりたいことがある!」ことを前提条件に話します。あなたが決断できずに、何もしなかったらどうなると思いますか?

⇒何も動かなったら、あなたは歳をとるだけです。

確かに脱サラ起業は大きな決断です。あなたが「失敗するのが怖い」と悩んでいても、周りの環境はあなたの決断を待ってくれません。

会社の組織変更や期が変わるなどで、決断するタイミングを失っていきます。

実力をつけてから脱サラしても・・

たとえどれだけ実力、才能、センス、資金があって脱サラ起業しても、最初はうまくいきません。理由は、起業の成功に正解はないからです。

最初からトラブルなく成功する人は、ほとんどいません。実力が上がれば、脱サラ後も、成功率が上がると思わない方がイイです😱

むしろ時が経てば経つほど、脱サラへの失敗不安が大きくなります。だから今以上に、決断できなくなります。もちろん準備は大切ですが、今のタイミングをしっかり考えてください🔥

もしあなたが数年後、脱サラできない立場になって、さらに婚約者やお子さんもいれば、個人で勝手に判断はできないと思います。ではどうするべきか?

失敗は早く経験することが大切!

理由は、早めに失敗経験した方が、成功率が上がるからです。つまり失敗経験を早く、たくさん積むことが、改善スピードを上げます。

実力があっても最初からうまくいかないのであれば、早めに失敗すればいいんです。

あなたはどっちがいいですか?今失敗するか、数年後に失敗するか、どちらがイイですか?

早めに失敗したなら、後から挽回できます。また再就職すればいいのです。

脱サラしたいと思った時がチャンス!

もしあなたが、40代で家庭持ちであれば、失敗できないと思います。私のアドバイスは参考にならないかもしれません。

しかしあなたが20代~30代、独身であれば、今がチャンスです!私たちの武器は、実力や経験ではなく「若さ」です😤

だからこそ、脱サラ起業して失敗したくないなら、今すぐチャレンジしましょう!そして失敗を早く経験して、最後に成功すればいいんです。

あと、やりたいことを会社員として働くのも楽しいですよ。「会社員=社畜」みないなマイナスな風潮が若い世代にありますけど、そんなことありませんからね。

今日の記事が、あなたにとって価値があれば嬉しいです!

(Visited 58 times, 1 visits today)

あなたも最新情報を手に入れませんか?
Yes!の人は「いいね ! 」をクリック

関連記事

  1. 弱者の成功法則

    「どのSNSを使えばイイ?」ネットで稼ぐ大量行動の原則

    どうもー西野栄祐です。SNSで見込み客を集めたい、稼ぎ…

  2. 弱者の成功法則

    20代で上場企業マネージャーだった私が脱サラ起業したワケ

    ▲チャンネル登録よろしくです(^o^)丿▲こんにちは青…

  3. 弱者の成功法則

    成功を引き寄せて行動できる人間に変わる11の方法

    あなたはこんなお悩みありませんか?「自分に自信が持てな…

  4. 弱者の成功法則

    寝起きが悪い人のためのスッキリ起きる3つの方法

    こんにちは 西野榮祐(えいすけ)です!今日も来てく…

  5. 弱者の成功法則

    成功をパクる技術

     ▲約3分:今すぐ動画を見る▲どうも、西野栄祐…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP