人とお金を魅きよせる文章術

商品をサクッと売るセールスレター秘密のテンプレート

こんにちは、
西野 栄祐です。この記事を見に来てくれて嬉しいです(^^)

あなたは、世界中で効果実証済みのセールスレターを作る7つのステップを知りたいですか?

もし、あなたがアフィリエイトや商品販売したいけど、売れるセールスレターの書き方がわからないのであれば、今回の記事は、あなたにとって非常に価値のあるメッセージになるはずです。

次の7つのステップの順番でセールスレターを書いてください。

Step①ヘッドライン


ヘッドライン、つまりキャッチコピーです。
ヘッドラインの目的は、カッコイイ名前を付けることではなく、次の文章を読ませることです。

ヘッドラインでは、あなたの見込み客の一番のニーズ、一番の関心ごとをタイトルや見出しに書いてください。会話のキッカケにもなります。

もし、あなたがヘッドラインの書き方に自信がない場合は、「○○の方法」という実績かつ簡単な形式がおススメです。

成功するヘッドラインは、ぱっと見た瞬間に、一発でメリットが伝わり、続きが気になる、と思わせることです。

Step②自分のストーリーを語る


あなた自身のストーリーを話します。
あなたの見込み客が望んでいる結果を手にするために、どのように学んだらよいかをストーリーにします。

ストーリーのポイントは、見込み客が抱えているであろうストレス、不満、欲求に共感してもらう、同情を得るよう作ることです。

あなたが成果を得るまでに、どれほど苦労して、辛くて大変だったかの道のりをストーリーにしてください。

Step③商品の紹介


あなたの紹介したい商品について書きます。
アフィリエイト関係の商品でも構いません。ただし商品自体の特徴やスペックをズラズラ書いてはいけません。

見込み客の問題を解決する手段として紹介します。例えばあなたが、「コピーライティングのスキルが身につく商品」を紹介したいとします。

NG例:特徴だけ書いた商品紹介
→売れる文章術が書ける商品です。

OK例:見込み客の問題を解決する
→文章をお金に変えるスキルで、売りずらい商品をサクッと売れるようになります。

ちょっと適当に考えましたが、ポイントはこの商品を買ったらどのような体験が得られるかを考えましょう。

Step④ブレット


ブレットとは、「弾丸の跡」を意味します。
つまり「・」を弾丸の跡に見立てて、メリットを箇条書きにします。

よくあるのが、これです。
・メリット
・メリット
・メリット
・メリット

あなたの商品から得られるメリットを考えらるだけ全て箇条書きにしましょう。

Step⑤価値を伝える


あなたの商品の価値を見込み客に分かりやすいように書きます。見込み客のニーズに基づいたふさわしい言葉で表現しましょう。

Step⑥リスクを取り除く


見込み客が購入するときのリスクを取り除く方法が必要です。それは保証を付けることです。

さらに強力なのが、保証期間を長くしたり、返金保証+返品不要などです。

Step⑦見込み客に行動を促す


最後に、見込み客に今すぐとるべき行動を伝えます。見込み客が望む成果を手にするための行動を促すことです。

例えば、よくあるのがこれです。
「販売期間が終了する前に、今すぐ下をクリックしてください」

以上です。

コンバージョンや成約率を伸ばすためのステップをまとめました。この全体構成は、多くの方が使用しています。

各ステップの細かいテクニックはたくさんありますが、初心者はこの流れを外さなければ、下手なセールスレターになることはありません。

是非、トライしてみてください、最後までご覧いただき有難うございます(^^♪

(Visited 115 times, 1 visits today)

あなたも最新情報を手に入れませんか?
Yes!の人は「いいね ! 」をクリック

関連記事

  1. 人とお金を魅きよせる文章術

    説得力のあるコピーライティングを書く方法

    前回の記事では見込み客の情報収集の重要性・リサーチ法について書…

  2. 人とお金を魅きよせる文章術

    講座①ネットビジネスの武器!コピーライティング文章術を学ぶべき理由

    「コピーライティング?売れる文章術?書くスキル??」 「文…

  3. 人とお金を魅きよせる文章術

    10倍売れるコピーライティングをパクって稼ぐ方法

    突然ですが、、、このビデオを見つけたあなたはラッキ…

  4. 人とお金を魅きよせる文章術

    売れるコピーライティングを作るための競合調査の調べ方

    売れるコピーライティングを作るために欠かせない作業はわかります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP