人とお金を魅きよせる文章術

10倍稼げるコピーライティングの商品リサーチ方法

「よっしゃ!さっそくキャッチコピー作るぜぇい!!!!」

と勢いのあるあなた!
キャッチコピーを考えるのはOK!
しかし

売れまくっているコピーライティング、キャッチコピーには秘密がある!
それは、、、
事前に売りたい商品サービスの情報収集、材料集めをしっかり行っていることだ!

今回のテーマ
商品サービスの魅力を伝えるための正しい情報収集、材料の集め方

を公開するぞ!
それでは、さっそく結論だ!

結論
・商品サービスの特徴を調べて、ベネフィットに言い換える

当たり前じゃないか!
と思われる方も多いと思うが、理解できても、出来ている人は少ない。

調べるべき項目、順番を解説。
①商品サービスの特徴、スペックを洗い出す。
②特徴が、見込み客にとって、どのような変化をもたらすかを考える。

①商品サービスの特徴、スペックを洗い出す。

⇒スペック、特徴、材料、大きさなど。

②特徴が、見込み客にとって、どのような変化をもたらすかを考える。

洗い出した特徴に対して、以下の質問を考えてベネフィットを洗い出す。
・これやったら(知ったら)どうなる(変化する)?
・これはお客さんにどんな体験を与えてくれる?
・これはお客さんを、どんな気分にしてくれる?

(例)最近、女性に人気の”水素水”
①特徴
・普通の水より、水素ガスを多く含んでいる
・水素水のガスを逃がしにくい、特殊なボトル容器
※水素水に詳しいわけではないので、これくらいしか思い浮かびませでした。。

②この特徴は、お客さんにどのような変化をもたらすか?
一般的な水より、水素水が多いことで、
・体内細胞からキレイになり、アンチエイジング効果がある。
・腸内環境を整え、便通が良くなる
・体内の血液サラサラになる

さらに、もっとお客さんの身近に感じられるようにベネフィット化していく。
「それで、その結果どうなるの?」と追及。

・体内細胞からキレイになり、アンチエイジング効果がある。
⇒「同世代よりお肌が若々しく見られ羨ましがられる」
・腸内環境を整え、便通が良くなる。
⇒「お腹の張りがなくなり、ポッコリお腹の解消につながる」
・体内の血液サラサラになる
⇒「心筋梗塞や脳梗塞の予防にも有効」

「その結果どうなるの?」と突き詰めると、
究極的には「健康になる」という変化になる。

しかし、これは全ての健康系食品が同じこと言えるので、
究極的ベネフィット「健康になる」までに至る過程、手段をアピールしていくことが重要

商品サービスの特徴・原材料が、「いかにすごいか」を書いている人が多い。
しかしお客さんが興味あるのは、
「そのすごい特徴・材料が、私に何をもたらしてくれるの?」と思っている。

お客さんは「自分にとってどんな得があるのか?」と考えている人が多い。

まとめ
・優れたコピーライティング、キャッチコピーには事前の商品リサーチが必要。
・商品サービスの特徴、スペックを洗い出す。
・その特徴スペックが、お客さんにとって「どんな変化をもたらすか?」を考える。
・「その変化」をお客さんにとって、自分事に感じられるようにさらに具体化する。
・常に「その結果どうなるの?」と考え尽くす。

今回の記事は、非常に大切な考え方であり、営業トークでも同じです。
「どんな変化をもたらし、その結果どうなるのか?」
を常に考えて、
商品の魅力を最大限伝えられるようにしていただければと思います。
それでは最後までご覧いただきありがとうございます!

(Visited 108 times, 1 visits today)

あなたも最新情報を手に入れませんか?
Yes!の人は「いいね ! 」をクリック

関連記事

  1. 人とお金を魅きよせる文章術

    商品をサクッと売るセールスレター秘密のテンプレート

    こんにちは、 西野 栄祐です。この記事を見に来てくれて嬉し…

  2. 人とお金を魅きよせる文章術

    大金を稼ぐパワフルなコピーライティングを作る7つの鍵Part①

    こんにちは、西野です!!あなたのセールスコピー、広告、…

  3. 人とお金を魅きよせる文章術

    講座①ネットビジネスの武器!コピーライティング文章術を学ぶべき理由

    「コピーライティング?売れる文章術?書くスキル??」 「文…

  4. 人とお金を魅きよせる文章術

    簡単に強力なコピーライティングを作る欲求リスト集

    こんにちは、西野です。今回は、コピーライティング、売れ…

  5. 人とお金を魅きよせる文章術

    “非常識な方法”でセールスコピーの威力を倍にする秘訣と書き方

    こんにちは、西野です。あなたのセールスコピー、ランディ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP