人とお金を魅きよせる文章術

“非常識な方法”でセールスコピーの威力を倍にする秘訣と書き方

こんにちは、西野です。

あなたのセールスコピー、ランディングページの”説得力・信用力を上げる方法”を知りたいですか?

この非常識な方法「心理的トリガー」を知りたい方は、続きをご覧ください。

どんな人に効果的か?

この記事が役立つ人は、次のような方です。

・アフィリエイター
・セールスコピーライター
・コピーライティングのスキルを学びたい方
・ブログ記事のアクセスを増やしたい人
・営業マン
・広告作成者、マーケティング担当者

主に、商品を紹介している方々には、効果的なテクニックです。

その方法とは?

その方法とは、「商品の欠陥、弱点」を隠さずに伝えることです。しかも早い段階で伝えることが重要です。

あなたが、商品特性を把握し、見込み客を理解し、素晴らしい商品を持っているとします。しかし、もし商品に欠点や弱点などのデメリットがある場合は、売り込みや広告コピーで真っ先に伝えた方がイイです。

間違っても、欠点を隠してはいけません。

なぜ効果的なのか?

理由は、真っ先に欠点を伝えることで、見込み客の警戒心が軽くなるからです。さらに見込み客のバリアが低くなったおかげで、あなたの商品やサービスの本来の利点を受け入れようとしてくれます。

このような言葉を聞いたことありませんか?

見込み客は「読まない、信じない、行動しない」

あなたが有名人でない限り、お客さんは疑ってかかってきます。たとえ、あなたがどれだけ素晴らしい強力なセールスコピーを作成しても、疑って見られます。どれだけ真実、事実を伝えても、見込み客は疑います。

私たちのような小さな立場は、まだ力も、実績もないため、商品を良く見せようと必死に頑張ります。しかし、良く見せることすべてが、コピーライティングのスキルではありません。

だからこそ、あえて真っ先に欠点を伝えてあげることが、重要になってきます。

どのように心理的トリガーを使えばいいのか?

あなたが商品の中で、一般的にマイナスとされる特徴を判断し、セールスの早い段階で伝えてください。

例えば、
・営業マンの場合は、先に商品のデメリットを説明する。
・コピーなどの文章の場合は、早い段階で商品の欠点、弱点を書くこと。

他には、プレゼンで自分自身の弱点を打ち上けしまうことも効果的です。

例えば、
「今日、たくさんのノウハウをご紹介する前に、まず皆様に謝らなければいけないことがあります、今は皆さんに教える立場ですが、実は私自身、昔は・・・」

と自分がいかにダメな人間だったかを伝えると、掴みもよく、聞き手も話を受け入れてくれやすくなります。

お客さんの中には、「お前が教えることなんて、たいしたことないんだろ?」と最初から疑って見てくる人もいますからね。

最初に実践する時は少し勇気がいるかもしれません。しかし効果的なので是非活用してみてください。最後までご覧いただき有難うございます(^^)/

(Visited 62 times, 1 visits today)

あなたも最新情報を手に入れませんか?
Yes!の人は「いいね ! 」をクリック

関連記事

  1. 人とお金を魅きよせる文章術

    大金を稼ぐパワフルなコピーライティングを作る7つの鍵Part①

    こんにちは、西野です!!あなたのセールスコピー、広告、…

  2. 人とお金を魅きよせる文章術

    億を稼ぐコピーライティングを作る基本の3ステップ

    爆発的ヒットを生むコピーライティングには、 見込み客ターゲ…

  3. 人とお金を魅きよせる文章術

    簡単に強力なコピーライティングを作る欲求リスト集

    こんにちは、西野です。今回は、コピーライティング、売れ…

  4. 人とお金を魅きよせる文章術

    商品の魅力を10倍にするコピーライティング3つの秘訣

    売れている広告・コピーライティングには共通点がある。 購買…

  5. 人とお金を魅きよせる文章術

    売れるコピーライティングを作るための競合調査の調べ方

    売れるコピーライティングを作るために欠かせない作業はわかります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP